安全への取り組み

運輸安全マネジメント

2019年11月より「貨物自動車運送事業法」「貨物自動車運送事業輸送安全規則」等が改正施工され、運送事業者の経営トップから現場で働く運転手まで一丸となって安全性の向上を図るため、運輸安全マネジメントを活用しました。

弊社もより一層安全性向上の為の計画を作成し実行、検証し改善するべきところは改善し、さらなる改善策を計画し、常に安全に対するレベルをアップしていきます。

 

 

1.輸送の安全を確保する為の事業の基本方針(2020年1月1日~2020年12月31日)

 

① 輸送の安全の確保が事業経営の根幹であると深く認識し、全社員に「輸送の安全を確保」が最も重要である旨の意識を徹底するとともに、安全目標を設定し、輸送の安全の継続的向上を図ります。

② 輸送の安全は社会・顧客・家族等に最大の安心感を与える事と捉え、全社安全な輸送に取り組みます。

③ 運輸安全マネジメントを確実に実施し、常に安全対策の課題を見直し、全社が一丸となって輸送の安全に取り組みます。

④ 貨物自動車運送事業法を始め関係法令、安全管理規定、その他コンプライアンスを遵守し、輸送の安全を確保します。

⑤ 輸送の安全に関する情報を公表します。

 

 

2.輸送の安全に関する目標(2020年)

 ① 重大事故

    (自動車事故報告規則第2条に規定する事故)   0件     (前年 1件)

 ② 人身事故                          0件     (前年 0件)

 ③ 有責事故                          2件以下  (前年 7件)

 

3.輸送の安全に関する目標達成の手段

 ① 点呼時の健康状況確認の徹底

 ② 日常点検の確実な励行

 ③ 乗務員指導教育内容の充実

 ④ 運行指示書による、休息、睡眠時間の確保

 ⑤ 月1回の安全パトロール

 

4.輸送の安全に関する重点施策

 ① 安全優良事業所(Gマーク)としての維持

 ② コメンタリー運転の励行

 ③ 交差点右左折時の指差呼称の励行

 ④ 事故発生原因の徹底究明

 ⑤ 国土交通省告示第1366号に基づく乗務員教育の計画実行

 ⑥ 社内点数制度活用による安全に対する取り組み方の啓蒙

 

5.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

  安全管理規定通り

 

6.事故・災害等に関する報告体制

  安全管理規定通り

 

7.マネージメントレビューと継続改善

  前年の安全重点施策達成状況の検証結果、その他をインプット情報とし、12月に

  経営側のマネージメントレビューを実施し、その結果に基づきPDCAサイクルをス

  パイラル式にフォローを行い継続していく。